【ニューヨーク】コロナワクチン接種証明書の提示要求を義務化、違反は11万円から55万円の罰金

この記事はアルファルファモザイクによって書かれた記事です。

アルファルファモザイク – 2ちゃんねるスレッドまとめブログ (alfalfalfa.com)

アルファルファモザイク
コロナ 罰金 新型コロナウイルス ワクチン接種 屋内に関連した画像-01
12021/09/14(火) 07:54:35.79ID:XOWhZz709.net

アメリカ・ニューヨークでは、飲食店や劇場などが利用客に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種の証明書を提示するよう求めることが義務づけられ、
違反した場合、罰金が科せられることになりました。

罰金1000ドルから5000ドル

ニューヨーク市では13日から、屋内の飲食店やスポーツジム、それに映画館や劇場、美術館といった施設に対し、
12歳以上の利用客にワクチン接種の証明書の提示を求めることが義務づけられました。

違反した場合、1000ドルから5000ドル、日本円でおよそ11万円から55万円の罰金が科せられます。
また、証明書が提示できない利用客とは、合理的な対応について話し合うよう求めています。

市内の老舗のステーキハウスでは、店員が訪れた客に接種を受けたことを証明するアプリの画面やカードの提示を求めていました。

客の女性は「義務化はとてもいいことです。より安全だと感じられるので全米で義務化すべきだと思います」と話していました。
店のマネージャーの男性は「義務化は最終的には命を救うことにつながるのでやるべきで、罰金も効果があると思います」と話していました。

市民の間からは義務化は事実上、ワクチン接種の強制につながるなどとして反対の声もある中、
ニューヨーク市としては義務化に踏み切ることで感染対策と経済の活性化を両立させたい考えです。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210914/k10013258031000.html



タイトルとURLをコピーしました