【緊急】関東の地盤、無茶苦茶だったwwwwwwwwwwwwwww

この記事はアルファルファモザイクによって書かれた記事です。

アルファルファモザイク – 2ちゃんねるスレッドまとめブログ (alfalfalfa.com)

アルファルファモザイク
フィリピ 震源 軟弱地盤 直下 地盤に関連した画像-01
7日深夜、関東地方に強い揺れをもたらした地震の震源は、千葉市の直下で深さ約75キロとやや深いが、普段から地震活動が活発な「地震の巣」だ。
最大震度5強を東京都足立区や埼玉県で観測したことについて、気象庁は「昔の川沿いとか、地盤の軟らかい所で強く揺れた」と、軟弱地盤の影響を指摘している。

関東の地下構造は複雑だ。陸のプレート(岩板)の下に東から太平洋プレートが沈み込み、両プレートの間に南からフィリピン海プレートが沈み込む。
この影響で千葉県北西部では、深さ60~75キロ付近で定常的に地震が多発している。
気象庁は今回の地震を「フィリピン海プレートと太平洋プレートの境界付近で起きた」と説明。
静岡大の吉田明夫客員教授(地震学)は「特に驚くような地震ではない。2005年にもほぼ同じ所(深さ73キロ)でマグニチュード(M)6の地震があった。これぐらいの規模が、この震源付近で起きる最大クラスの地震ではないか」とみる。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/135679
※上記リンクより、一部抜粋しています。続きはソースで



タイトルとURLをコピーしました