ハゲ芸人、テレビから消滅の危機 スポンサー企業「ルッキズムにあたる人物は完全NG」

痛いニュース
1 名前:ミドルキック(茸) [US]:2021/11/08(月) 15:51:47.21 ID:8UcH39r80
“ハゲ芸人”完全NGで出番激減!ひな壇にさえ呼ばれず深刻な現状…
top_image一部のお笑い芸人たちが苦境に立たされている。見た目で笑いをとることが「ルッキズム」(外見にもとづく差別)にあたるという理由で、CMスポンサーから完全NGを食らうのだという。

「そのせいで割を食っているのが〝ハゲネタ〟で食っていた芸人たちです。特に仕事が激減したのがトレンディエンジェルの2人。『チェケラッチョ!ハゲラッチョ!』が人気のフレーズでしたが、もうテレビではムリで、舞台や営業でしか使えない。本人たちは、どんどんハゲをイジッてほしいみたいですが、ひな壇番組にも呼ばれなくなったというから深刻ですよ。ピーク時は月収が1000万円を超えたこともあると話していましたが、今は20分の1くらいでしょう」(放送作家)

ブラマヨの小杉竜一のようにマシンガントークができればハゲ以外にも需要があるが、昭和・平成とお笑い番組などでは鉄板ネタだった「ハゲ」「チビ」「ブス」「オカマ」イジリがテレビ界では絶対NG状態だというのである。

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/37946
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました