宇宙に始まりはなく過去が無限に存在する可能性が示される

1 名前:あずささん ★:2021/10/14(木) 21:35:15.47 ID:BPPuWrVT9
unnamed宇宙はビッグバンによって始まり、それ以前は「無」だったというのが現在の定説となっています。けれど、もしかしたら私たちの宇宙は常に存在していて始まりはなかった可能性が、新たな量子重力理論によって示されました。

イギリス・リバプール大学(University of Liverpool)の研究チームは、因果集合理論(causal set theory)と呼ばれる量子重力の新しい理論を使い、宇宙の始まりについて計算したところ、宇宙に始まりはなく無限の過去に常に存在していたという結果を得ました。この結果に従うと、ビッグバンは宇宙が遂げた最近の進化の1つでしかないということになります。この研究成果は、9月24日にプレプリントサーバー『arXiv』で公開された論文に掲載されています。

物理学が未だに説明できていない問題

現在、物理学にはまったく異なる2つの理論が存在し、どちらも大きな成功を収めています。その2つの理論とは、量子力学と一般相対性理論です。

量子力学は、自然界を支配する4つの基本的な力のうち、3つの力(電磁気力、弱い力、強い力)を微小な世界で記述することに成功しました。ただ、重力についてはまだうまく説明することができていません。

一方、一般相対性理論は、これまで考案された中でもっとも強力で完全な重力の記述方法です。しかし、一般相対性理論にも不完全な部分があり、この世界で2つのポイントについてだけ理論が破綻しています。

それが「ブラックホールの中心」と「宇宙の始まり」です。ここについては、一般相対性理論でも計算が破綻してしまい、信頼できる結果を得ることができません。そのため、これらの領域は「特異点」と呼ばれていて、現状の物理理論が及ばない時空のスポットとされています。これは、一般相対性理論が数学的につまづいているポイントでもあります。

https://nazology.net/archives/98143
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました