紅白歌合戦にも「LGBTQ」の波 男女でのチーム分けに廃止説 「時代の流れにそぐわない」

痛いニュース
1 名前:愛の戦士 ★:2021/11/12(金) 17:07:21.79 ID:CAP_USER9
2021100704185510月29日、大泉洋と川口春奈、和久田麻由子アナが『第72回紅白歌合戦』の司会を務めることが発表された。世界ではスタンダードになりつつある“多様性を認めること”や“社会的な課題への取り組み”が、大みそかの風物詩にも反映され始めているようで―。

10月29日、大みそかの風物詩『紅白歌合戦』の司会者が発表され話題を呼んでいる。

「総合司会者に加えて、『紅組』と『白組』の司会がいるのが恒例でしたが、今年は大泉洋さん、川口春奈さん、NHKの和久田麻由子アナの3人が“司会”という形に。多様性を認める時代の流れを反映したもので、紅白歌合戦のあり方についての意見が交わされています」(スポーツ紙記者)

これまでは女性歌手が『紅組』、男性歌手が『白組』と性別でチーム分けをしていたが、今年は大胆な演出がささやかれている。

「司会者を組分けしなかったことからもわかるとおり、局内でも“LGBTQなどの観点から、性別で分けるのは時代の流れにそぐわないのでは?”という声が出ています。従来のチーム分けの方法や演出を根本から変える案も出ていますよ」(NHK関係者)

https://news.yahoo.co.jp/articles/95b6c552026b96ed9528b6030ffdf558fca9188b
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました